キスフレ 作り方

僕のキスフレの作り方はいたって簡単だ。相手にキス以上を求めないことだ。僕は大学のサークルにキスフレがいる。彼女とキスフレになったきっかけは、酔った勢いで彼女にキスをされたことだった。彼女は酔うとキス魔になるらしい。僕の他にも何人も被害にあっていた。そんな彼女は僕の他にもキスフレがたくさんいた。彼女曰く、
「キスフレの作り方は、相手にキス以上求める気があるかどうか見抜くことね」と言っていた。つまり、僕のキスフレの作り方は彼女の受け売りなのだ。けれどもそれが女性側の心理なのだとしたら、的を得ていると思わないか?実際、僕は彼女とキス以上の関係になる気はさらさらなかった。理由は3つある。一つ目は、同じサークルだということだ。エッチして付き合って、別れてとかやっていると周りにも迷惑がかかるし、正直気を使うのがめんどい。2つ目はそもそも彼女と付き合いたいとか、恋人にしたいとか、そういう感情が湧いてこない。でもキスするくらいならいいかなと思える。そんな感じの相手だということ。3つ目は僕自身あまりエッチが好きじゃないということだ。エッチが好きじゃないので、しなくて済むのならそれにこしたことはない。男なら誰でもエッチがしたいわけじゃないってこと。そんなところで彼女と利害関係が一致したっていう点はある。あとは、僕のキスがうまかったってのも要因かな。彼女も他のキスフレと比べて僕のキスが良かった、うまかったって言っていた。キスフレを作るにはキスがうまくなきゃダメなのかもね。

オーラルセックス
男根願望